医療レーザー脱毛の保険適用は・・・

保険証

医療レーザー脱毛は残念ながら、保険適用にはなりません。

自由診療なので保険は適用されずに、全ての費用が事故負担での支払いになります。

 

美容目的で脱毛を受ける場合は保険は使うことができませんし、多毛症と診断された場合でも、基本的に飲み薬での治療が一般的で、レーザー脱毛を保険適用で受けることができる例は殆ど無いとされています。

 

美容目的での脱毛を受けるのに保険が適用されると、多くの人が利用してしまい混乱を招くのもありますし、本来、怪我や病気の治療の為に使われるのが健康保険ですから、美容目的というのは怪我や病気には含まれないとされます。保険治療は、必要最低限の診察や薬を受けられる権利のようなものですから、美容は必要最低限とはみなされていないということです。

 

保険治療は、診療に対する医師への報酬額が決まっていて、保険適用内の薬の処方や検査内容が決まってしまいます。なので高度な治療を行う際には保険が適用外とされてしまう場合があるのです。難病などの治療に保険適用外があるのはこのためです。
医師への報酬額が決まっていることから、患者を薬漬けや不要な検査をさせて、報酬を増やそうとする悪徳な医者もいます。とても残念なことですが、必ずしも必要最低限で最良の治療が受けらるとは限らないということです。

 

自由診療は、病院が自由に診療ができます。保険治療は国から認可のある検査や薬の処方しかできませんが、自由診療であれば国内で未承認とされている検査方法や薬、治療方法を提供してもらえるメリットがあります。また、病院側としても報酬額も自由に設定できるので、人件費や治療に使う機器の購入費用や消耗品、利益などを考慮して診察料を設定できます。
レーザー脱毛に関して言えば、機器の購入費用が効果であること、病院全体の維持費などが含まれているのでエステサロンなどよりも高額になりますし、医師免許をもった人間の時給などを考えればそれ相応なのだと言えるかもしれません。

医療レーザー脱毛と医療費控除

病院で医師にきちんと診てもらって、看護師に様々な対応をしてもらえる、それにレーザー脱毛は医療行為だから、確定申告をしたときに、お金が戻ってくるとかんがえる方もいると思います。
実際に、自由診療でも医療費控除の対象になる場合があります。それは。医師による診察で治療や療養に必要な医薬品の購入費用は対象になるからです。
なので、自由診療や未認可の医薬品を使用しても、医師が必要とし、処方することによって、治療や療養になることが明らかであれば、医療費控除の対象になります。

法的根拠
医療費控除の対象となる医薬品とは、薬事法第2条第1項(医薬品の定義)に規定する医薬品を言います。この法律で「医薬品」とは、次の各号に掲げる物をいいます。
【1】日本薬局方に収められている物
【2】人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物であつて、器具器械(歯科材料、医療用品及び衛生用品を含む)でないもの(医薬部外品を除く)
【3】人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であつて、器具器械でないもの(医薬部外品及び化粧品を除く)

 

しかし、美容目的の医療レーザー脱毛は残念ながら、医療費控除の対象になりません。
病的理由でどうしても脱毛しないと病気が治らないということなら医療費控除の対象にはなるのですが、キレイでありたいがために受けた医療レーザー脱毛は「医療」と書かれていても、医療費控除の対象にはなれないので、注意が必要です。
これは、美容整形外科で受けても、皮膚科、整形外科、どこの科で受けても変わりないです。

 

 

保険適用外!医療費控除対象外!とくれば・・・

看護師

保険も適用外だし、医療費控除対象外となれば、どうにか安く医療レーザー脱毛を受けるしかないので、比較サイトなどを利用して、料金の一番安いクリニックを探すのが方法です。

キャンペーン等で割安になることもありますし、友だちの紹介で安く受けられるというシステムを導入しているクリニックもあります。

 

しかし、安いと言っても、500円で無制限で医療レーザー脱毛が気軽に受けられる・・・などのエステサロン並みの価格はなかなかありません。
脱毛箇所にもよりますが、基本的に万単位のお金が出て行くと思ってください。

 

そこで、おすすめしたいのがローンの活用です。

【メディカルローン・医療ローン】

各クリニックにはメディカルローンや医療ローンなどと呼ばれるローンを提供してくれています。多くのクリニックが信販会社系のローンを用意しています。保証人なども不要で審査も気軽に受けられるので受けてみると良いです。しかし、専業主婦や学生などの職に就いていない方は審査の対象外になってしまったりもします。

 

【銀行の美容目的で利用できるローン】

ローンと言えば銀行です。銀行には様々な目的別でローンを組むことができます。最近では家具や家電購入費用のローンやブライダルローンなど昔はなかったようなローンも展開しています。その中に、美容目的でお金を借り入れすることができるローンもあります。
インターネットなどからも申し込みができる商品が多いですから、検索サイトで探してみると良いです。
☆参考☆
大垣共立銀行 キレイをかなえる女性専用ローン ビスケット(Bi sket)

利用いただける方 以下の1.2の条件を両方満たす女性の方【1】ご融資を受けられるときの年齢が満20歳以上満66歳未満で、安定した収入がある方。【2】保証会社の保証が受けられる方。
使い道

本人の以下に関する資金。
1.美容整形・アンチエイジング
2.エステ
3.増毛(ウィッグ含む)・脱毛
4.デンタルケア・レーシック
5.美容器具
6.化粧品・サプリメント

融資金額 10万円〜200万円以内(1万円単位)
金利

年 5.975%(変動金利のため申込時に確認して下さい)
※毎年2回の金利見直し

保証人 不要
申し込み窓口

☆大垣共立銀行窓口
☆インターネット

申込時要書類

☆印鑑(返済用預金口座をお持ちの方はお届けのご印鑑)
☆運転免許証(交付を受けていない方は住基カード、健康保険証、パスポート)
☆健康保険証

 

【カードローン】

消費者金融や銀行でカードローンを利用して融資を受ける方法です。比較的審査も通りやすく、借入もし易いですし、カードローンは借入の目的が自由なので美容目的でも可能です。
学生や専業主婦向けの商品も多く用意されていますし、コンビニのATM等で気軽に借入や返済ができるメリットの多い商品です。
ちなみに、専業主婦などの収入がない方は銀行のカードローンしか申し込みができません。総量規制という法律があるからです。大手銀行でも商品をだしているので審査を受けて見ると良いです。
☆参考☆
銀行カードローン 三菱東京UFJ銀行 バンクイック

利用いただける方

☆年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人のお客さまで、保証会社(アコム梶jの保証を受け
られるお客さま。
☆原則安定した収入があるお客さま。
※学生の方、またはご本人に収入がなく配偶者に収入のある方もお申し込みいただけます。
※外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります。

使い道 さまざまな用途にお使いいただけます(事業性資金を除く)。
融資金額 10万円以上500万円以内(10万円単位)
金利 年 4.6%〜14.6%
保証人 不要
申し込み窓口 電話・郵送・インターネット・自動契約機
申込時必要書類

☆本人確認書類(運転免許証やパスポート
☆100万円超の利用限度額を申し込みの場合、収入を証明する書類

 

【クレジットカード分割払い】

金利が少し高くなる可能性もありますが、クレジットカードの分割払いなら手元にあるクレジットカードを利用して支払いができます。利用するクリニックが自分のもっているカード会社での支払いが可能かどうかをよく確認して下さい。またデビットカード払いも利用できるクリニックもあるので、相談してみましょう。